MENU

R&D 研究開発

ホーム 研究開発

研究開発の姿勢

日本キャリア工業の革新的技術に繋がる研究と開発についてご紹介します。

  • 長期間の開発で起こした
    “スライス革命”

    日本キャリア工業の歴史の中では、折々にエポックメイキングな製品が登場しいます。 平成14年に発表した『ベンディングスライサー A to Z 』は、その代表格であり、業界に“スライス革命”を巻き起こしました。
    試行錯誤を重ねて、およそ10年の開発期間を費やして誕生した製品です。

  • 「ベター」ではなく
    「ベスト」を追求

    食品加工機械の中で大きな位置を占める「スライサー」分野への参入を果たしたことでも大きな意味を持っています。
    試作の段階では、先の見えない投資を余儀なくされることは必至であり、決して大企業ではない当社において、その過程では大変な勇気を必要とします。
    しかし、私たちは「必ず実現する」という強い想いを持ち、持てる技術を余すところなく投入。
    決して妥協を許さずに、「ベター」ではなく「ベスト」を追求しています。

スライサー総合カタログ

日本キャリア工業が研究・開発を重ねた
スライサーの資料をダウンロードいただけます。

お問い合わせ