MENU

PRODUCT 製品情報

自動盛付装置

PZ1-200

すでに導入済みのベンディングスライサーAZ-341へ現地加工で後付が可能です。ベンディングスライサーAZ-341と+Pを組み合わせて、食肉のスライスからベンディング、トレーへの盛り付けまでの工程を自動で行います。画像センサーを搭載しており、食肉の盛り付け位置を制御して綺麗に盛り付けることができます。また1パックに盛り付けるスライス枚数をコントロールしてパック重量のバラツキを抑制することができます。自動盛り付けを使用しない時は単独運転への切替が簡単にできます。大型タッチパネルを採用し、高い視認性と操作性を実現しています。登録可能アイテム数はベンディング・スライスそれぞれ16アイテムずつ登録可能です。AZ-341との連結部分がワンタッチで切り離し可能。清掃時の負担を減少します。

適用する食材と完成食品例

  • 加工前
  • 加工後
スライス肉トレー入りスライス肉

仕様

機種名 +P
型式 PZ1-200
適用トレー/サイズ(mm) PSP トレー/幅200(196/193)×奥行130~250×高さ30 ※1
トレー供給能力 最大24パック/分
動力 AC200V 2.715kW(AZ-341含む)
電源容量 三相200V 20A(AZ-341含む)
エアー圧・量 0.5MPa 500L/分(AZ-341含む)
機械の大きさ(mm)単体 W1940×L1302×H1660(単体)
機械の大きさ(mm)AZ-341含む W1982×L3366×H1660(AZ-341含む)
機械の重量(kg) 680
設置 AZ-341に現地改造取り付け
重量ばらつき抑制 設定値基準の枚数制御
盛付位置制御 画像センサー
オプション 搬出コンベア
  • ※1/トレーの材質・形状によっては適用外となる事もあります

    製品動画

ダウンロード

お問い合わせ